外科医になるために必要な事

医師求人のサイトを見るとわかるように、医師の仕事は様々な分野に分かれます。
医師の中でも、外科医は花形と呼ばれる仕事です。
そんな外科医になるためには、どんな道を歩んでいけばいいのでしょうか。

医学部への入学が外科医への入り口

外科に限らずどんな医師もそうですが、医師になるための最初のステップは大学進学からです。
医師になるには、医学部で学び、6年間の課程を経て卒業する必要があります。
医学部のある大学は国公立大学、私立大学とありますが、国公立大学の方が費用が安く、難易度は高いです。
どの大学を選ぶかによってその後の医師としてのキャリアも変わってきますが、偏差値の高い優秀な生徒ほど、国公立大学に通う傾向があります。

画像出典元:http://www.hirosaki-u.ac.jp/academic/faculty/medicine.html

医学部卒業後待ち受ける国家試験

6年間の大学生活を終えると、医師免許を取得するために国家試験を受けます。
医師の国家試験の合格率は90%以上と、例年高い合格率です。
なぜこれほどまで高い合格率かというと、医学部を卒業する6年間の中で、国家試験に合格し、医師免許を取得できるだけの実力を持っていないと、大学を卒業できないからです。

そのため、医学部を卒業した時点で、国家試験に合格するだけの実力を持っているという事になります。

一人前の外科専門医になるには研修が必要

国家試験に合格して医師免許を取得した後に待ち受けるのは、研修期間です。
医師になるためには2年の研修期間があり、研修医として給料をもらいながらさまざまな診療科を回っていく中で、自分の専門分野を決めていきます。

つまり、外科専門医を目指していても、この研修が終わるまでは他の様々な専門も経験しなくてはいけないという事です。
2年間の研修を終えると、晴れて外科専門医になることができます。

社会人から外科専門医を目指すには

さまざまな事情で医師への道を諦めたものの、やはり社会人になってから改めて医者を目指したい場合は、どうしたらいいのでしょうか。
基本的には医学部に入って6年間学ぶというコースは変わりません。
しかし、年齢や経済的な理由で難しい場合は、社会人入学制度や、社会人制度なども利用できます。
社会人入学制度大学に通う期間は変わりませんが、入試の難易度が現役生より易しいので、受験勉強が楽になります。

また、社会人編入制度は大学の途中から編入することができるため、6年間という長い時間大学に通わなくても医者を目指せるというメリットがあるのです。