外科医の給料について

医師の給料は高額のイメージがありますが、実際に医師求人を見てみると、外科医は給料も特に高額です。しかし、勤務医か開業医かによって給料も変わるのが医師の世界です。医師求人の中から、外科医の給料の違いについて調べてみました。

外科の給料はどれくらい?

まず、外科の医師全体の給料の相場について調べてみました。大体の相場は、月収で90万円から100万円といったところで、年収にすると1200万円前後というのが一般的です。
医師の給料は年収1000万越えが多いのですが、その中でも外科は比較的給料が高い傾向にあります。

医師の勤務形態によって給料も変わる

外科医の場合、給料の違いを決めるのは勤務形態です。
勤務形態によって、実は収入は大きく異なります。
一般外科の場合は、美容外科や整形外科と違って開業医として活躍する医師は少ないため、今回は大学病院の医局に所属している勤務医の場合と民間の病院の勤務医の場合の2パターンについて詳しくまとめてみました。

医局所属の研修医は給料が安い?

大学病院に勤務する医局所属の研修医の場合は、月収は約30万円程度。
一般職とほぼ変わらない給料に思えますが、後期研修医の場合はアルバイトが可能なので、当直のアルバイトなどを入れて稼いでいる医師が多いようです。
当直の仕事なら1日5万円から10万円程度の収入が見込めるため、大学からの給料は安くても、バイト代で稼いでいる研修医はたくさんいます。
研修が終わって医局員になった場合は、収入は大きく跳ね上がり、大学からの収入は年500万円前後になるため、さらにアルバイトを入れればかなりの収入が見込めます。

民間病院は高給が期待できる

一般の民間病院金の場合は、研修医でも年収600万から700万円前後が相場です。
研修を終えた医師の場合は、年収900万円前後からスタートし、経験を積めば1000万円を超えることも可能です。
民間病院の場合、院長クラスで年収3000万円は期待できると言われています。
民間病院は高給が期待できますが、技術向上のためには、大学病院の医局に所属できる方が、多くの症例を経験できるとされています。

外科医の収入のモデルケース

外科の仕事は、手術の技術や経験をどれだけ持っているかによって給料が決まります。
最初は給料が安くても医局に所属して多くの症例を学び、技術を磨いていくことは大きな経験になります。
ある程度経験を積んだら、民間病院に転職すれば、転職後から高給が期待できます。
このように、ある程度経験を積んでからの転職を行うのが、外科医の収入のモデルケースであると言えるでしょう。
そして外科の医師求人を探す際は、m3や医師転職ドットコムなどの大手メディアを活用するのが無難です。